プレマリン等のホルモン剤に入っている卵胞ホルモンって一体どんなものなの?

卵胞ホルモン、という言葉を聞いたことがある人はいるでしょうか。女性にとっては割りと聞き馴染みのある言葉ではあると思いますが、よりわかりやすく言うと女性ホルモンですね。昨今、ホルモン剤を投与する事で様々な症状を治療、改善するHRTという療法が注目を受け、それに伴い卵胞ホルモンなどの言葉も聞き馴染みが増えてきたことでしょう。

プレマリン等のホルモン剤に入っている卵胞ホルモンって一体どんなものなの?

しかし、この卵胞ホルモンというのはそもそも何7日ということに関してを解説していきましょう。

参考材料→プレマリンと生理について http://www.ntp-k.org/medicine/hormone/premarin625.html

■卵胞ホルモンって何?
先ほども言ったとおり、一般的に知られている言葉に言い換えると女性ホルモンの事を示しています。しかし、この女性ホルモンってそもそも何なのか?そこから知らない人も多くいるでしょう。女性ホルモン、というのは体のホルモンバランスの中でも女性機能や体つきや容姿などの特徴をより女性らしく変化させるという働きを持つ物です。

女性機能で言うと、生理や妊娠、出産と言ったことに関わる事だと言えばわかりやすいでしょうか。主に脳からの命令で卵巣で生成される出産や妊娠をすることが出来る体を作るさいに必要な二つのホルモンの総称を女性ホルモン、と言い、卵巣ホルモンは其の一つの名称なんです。

卵胞ホルモンは別名エストロゲンと呼ばれており、女性ホルモンはこの卵胞ホルモンと、もう一つの黄体ホルモンと呼ばれるプロゲステロンの二つから構成されています。これらは、女性の体を形作るのにどちらも非常に重要な物なのでよく覚えておきましょう。

■卵胞ホルモンの働きについて
では、この卵胞ホルモンというエストロゲンがあると一体どんな影響があるのかというところが気になりますよね。卵胞ホルモン、エストロゲンの役割は様々で女性の体を形作る事を主な役割としています。具体的には、女性らしい体の丸みを作ったり骨や脳の動きなども女性的にしていくというような働きですね。

他にも、基礎体温を下げたり卵巣内の卵胞を熟成サせることで排卵や受精を待つという妊娠しやすい状態を作る、という事を司っています。また、受精卵が着床しやすいように子宮内膜を厚くするという働きを持っているので、不妊治療などにも欠かせないものとなっています。

他には、自律神経を活発にさせることで体調を整え、気持ちを安定させるように働くんですね。ほかには、皮膚の血流をよくする事で肌の血色や艶、潤いなどをもたらすような効果もあります。肌は、他にも真皮コラーゲンを増やす事で肌の張りを出すようにもしています。

骨にカルシウムを送ったり、血管を若々しく保つ事で動脈硬化の予防にもつながるなど、様々な体の調子をととのえる効果があるんですね。エストロゲン、というのは以上の事から分かる通り不妊治療をするためだけではなく、全ての女性にとって非常に重要な機能を持っているという言がわかると重います。

女性ホルモン、というのは普通に生活していく上でも非常に重要なことでこれが少なくなってしまったり、低下していくことで体が不調になってしまったりするというわけなんです。

■まとめ
卵胞ホルモン、というのはホルモン剤を投与する際に女性ホルモンとしては投与される物の中でも代表格のようになっています。しかし、その効果は不妊治療や更年期障害と言った特別な症状の治療だけではなく、普通に生活していく上での体の変調を防いだり整えたり、気持ちの落ち込みなどをさせないようにするなど様々な役割があるのです。