卵胞ホルモン剤はどんなものなのか解説すると同時に処方の仕方も解説

卵胞ホルモン、という言葉は割りと女性にとっては聞き馴染みのある言葉でしょう。最近では、雑誌やテレビ番組でも特集が組まれたりするほど健康問題として注目を受けていますからね。この、卵胞ホルモンが足りない事で体が不調になってしまったりすることがあるのですが、どうやって増やせばいいのでしょうか。

■ホルモン剤を投与する
専ら、この卵胞ホルモン、俗に言う女性ホルモンのエストロゲンが低下することによって引き起こる不妊症や、月経異常、更年期障害と言った症状を改善するために、卵胞ホルモンを増加させるにはどうしたらいいのかということで色々と研究が進んでいます。

その中でも、昨今注目を受けているのがHRTと呼ばれる療法でこれは大概から様々な形でホルモン剤を投与することによって女性ホルモンを増加させる、というような治療法になっています。

■どんなホルモン剤がいいのか
やはり、エストロゲンやプロゲステロンという女性ホルモンを司る卵胞ホルモン、黄体ホルモンを配合しているような医薬品が一番効果がありますね。これら、女性ホルモンを投与するタイプのホルモン剤は経口薬の他にパッチ薬やジェル薬、といったように皮膚に貼り付けたり塗り薬のようなタイプでも開発が進んでいるんですね。

それぞれ、メリットが違いますし目的によってどれが合うのかということも違いますので、自分にあったホルモン剤を選ぶのがイイでしょう。

■まとめ
ホルモン剤の投与は、基本的に医師に診断を受けてから出ないとそもそもが処方してもらうことができないので、日本国内で購入しようとするのであれば医師に診断を受ける事は必須です。特に、強いホルモン剤は使い方の指導をしてもらわないと危険なので必ずやっておきましょう。