卵胞ホルモンの増減と生理周期について

ホルモン剤を投与する際には、卵胞ホルモンというのはそもそもどういう状況下において分泌量が変化するのかということを知ることもとても大事なことです。それがわからないと、卵胞ホルモンをどういう風に増やすかということで効果的なのかがわからなくなりますからね。

■生理周期中の卵胞ホルモン
生理周期中の卵胞ホルモンは、生理周期によって分泌量が変化するようになっています。主に、月経期、増殖期、排卵期、分泌期の4つに分かれているんですね。それそれが、卵胞ホルモンの分泌量が増減しますし、その状態で体調の変化だったりする事が起きるわけですね。

■それぞれの生理周期と排卵ホルモンの変化について
月経期は、卵子と精子が結合して受精卵になり、子宮内膜に着床すると妊娠するのですが妊娠しなかった場合は、卵胞ホルモンと黄体ホルモンがそれぞれ分泌量が減少していきます。子宮内膜が血液と一緒に排出される、というのが月経ですね。そして、卵胞刺激ホルモンにより卵巣の原始卵胞が成長をhじめ卵胞が発育し、卵胞ホルモンの分泌量が増えていくことを増殖期と言います。

そして、卵胞ホルモンの分泌量がピークになり黄体化ホルモンが分泌されはじめて卵胞からrなしが飛び出してくるのを排卵期と言います。そして、卵子が飛び出してから卵胞が黄体に代わり黄体ホルモンが分泌され、受精卵が着床しやすいように子宮内膜が厚くなる時期を分泌期と言います。

それぞれ、植えから順番にサイクルするようになっているんですね。

■『卵胞ホルモンの増減と生理周期について』のまとめ
月経のバイオリズムは、女性ホルモンのホルモンバランスと大きく関係しているのですが、特にホルモン剤の投与などによってこういった周期バランスを意図的に調整するのも一つのHRTです。